• フィリピン女性の英語力について

    by  • 2013年1月21日 • 2.フィリピン女性を理解しよう • 0 Comments


    フィリピンはアジアの中でダントツに英語能力の高い国として世界から知られています。
    特にフィリピン女性は英語能力が高い人が多く、アメリカやイギリスなどの金持ちはフィリピン女性を好んで家政婦や介護士として雇います。お年寄りが孤独な生活をするアメリカやイギリスでは英語を理解し、喜んで世話をしてくれるフィリピン女性は大変ありがたい存在なわけです。

    働くフィリピン女性

    ただ実際にフィリピン人の間で英語が普及したのは第二次世界大戦前にアメリカの植民地となってからですので、実際にはまだ100年も経っておりません。それ以前にフィリピンに普及していたのはスペイン語で、300年間スペインの植民地としてスペインの風習やキリスト教文化がフィリピン上流階級の間で広まっていたわけです。更にスペイン統治下でフィリピンの一般市民の間で使われていた言語はインドネシアから来たマレー語に起源をもつセブアノ語やタガログ語といった言語ですので、それら一般市民が正式に教育を受けて学び始めた英語には独特の訛りがあり、スペイン語の影響を受けた英語やタガログ語に影響を受けた英語が現在フィリピンの第二共通語として使用されています。

    第二次世界大戦前やその直後はフィリピンはアジアの中のアメリカの重要軍事拠点として植民地化しており、アメリカの軍人がたくさんフィリピンに駐在し、多くのフィリピンの大学はアメリカ人の先生たちによって講義されていました。そのためその当時英語を学んだフィリピン女性はアメリカ英語を流暢に話す女性が多く、フィリピン上流階級の女性はアメリカの学校に直接学びに行くなど、フィリピン中がアメリカの影響を大変強く受けました。

    フィリピンのアメリカ軍

    戦後フィリピンが独立を成し遂げた後はフィリピンの公用語としてマニラで使われていたタガログ語を国語に指定し、英語は第二国語として主に、サイエンスや数学を学ぶ時に使用する言語として指定されました。ですから現在フィリピンの小中学校では国語や歴史はタガログ語で学び、科学や数学といった理数系の教科は英語の教科書を使用して学ばせています。セブやミンダナオといった地方出身のフィリピン人は地方で使われているセブアノ語を普段の生活で使用し、学校ではタガログ語と英語で学んでいるわけです。地方の小中学校でも私立の学校は英語ですべて授業が行われ、地方に住む上流階級のフィリピン人は幼い頃から英語の環境で学んできているわけです。大学になると授業はすべて英語になり、医学部や看護学部の専門分野ではアメリカの教科書をそのまま授業で使用しています。

    このような状況のため、一般のフィリピン人は幼い頃から3つの言語を使い分けて生活しています。普段の生活やラジオで聞く言葉はセブアノ語やイロンゴ語といったお互いまったく通じないほど違う各地方の言語を使用し、小学校ではタガログ語と英語を使用、テレビの娯楽チャンネルはタガログ語で映画などはアメリカの映画が英語でそのまま放送されています。地方の言語で書かれた本はなく、タガログ語の本はあっても普及しておらず、絵本や専門書はアメリカの本がそのまま販売されており、とても値段が高いので一般の人は本を手に入れることができません。

    これらの教育状況からフィリピン女性の教育レベルはその人の話す英語能力にほぼ比例します。英語を流暢に話すフィリピン女性は高い教育を受けた方で裕福な家庭に育った方が多く、アメリカや日本に旅行に行くなどお金持ちの方が多いです。映画館では早口なアメリカの映画をそのまま理解し、アメリカ人の友達と一緒に大笑いしていたりします。もしあなたが多少英語を話せる場合には、このようなフィリピン女性と話すと英語で普通に会話ができますし、大変理解力も高い方が多いですので会話を楽しめると思います。

    そこまで裕福ではなくても優秀なため高い教育を受けてきたフィリピン女性はフィリピンの東大であるフィリピン大学に通い、卒業後アメリカのコールセンターでスタッフとして働いたり、スカイプ会話で日本人や韓国人に英語を教える仕事に就いたりします。

    もちろん大学を出ているフィリピン女性でも普通以下の成績で卒業している女性の場合、ある程度英語を話せても理解力はそこまで高くなく、アメリカ人と話す時にもタガログ語の混ざった英語になってしまったり、必ずしも英語がとてもうまいわけではありません。

    更にもし彼女が田舎出身の女性で大学も出ていない女性の場合、英語は少し出来ても理解力は低く
    あなたが英語堪能な方でも会話が難しくなると思います。

    大学も出ていない女性の場合、英語はある程度理解し、聞くことができても流暢に話すことはできません。
    特に地方出身のフィリピン女性は普段使う言葉は地方の言葉でタガログ語でさえ流暢に話すことができません。

    アジアの中で一番英語能力が高いと言われるフィリピンですが、地方に行っても英語が通じるというだけで、実際英語の会話がうまい方は優秀な方だけです。ただ他のアジアと違うのは幼い頃から3つの言葉で生活し、言葉を習得する能力が高いということです。

    もしフィリピン人の彼女がいる場合には彼女の英語能力を確認してみてください。英語能力から彼女の学歴が見えるかもしれませんよ。

    Tags: , ,

    About

    国際結婚した両親のもとで育つが、お互いの理解不足のため喧嘩の絶えない家庭に苦しむ。 自分は絶対良い家庭を築くぞと心に決めて見つけた女性が何と一番嫌いな国であったフィリピンの女性! 続きはプロフィールで

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です