• フィリピン女性と結婚を考えるなら、絶対知っておくべき彼女の性格

    by  • 2013年7月29日 • 1.フィリピン人と結婚するリスクと問題 • 1 Comment


    フィリピン女性の性格や魅力について書いてきましたが、ついつい忙しさのあまり更新が滞ってしまっていました。
    そろそろまたちょくちょくフィリピン女性について気づいたことを書いていきたいと思います。

    今日はフィリピン女性と結婚を考えている方へ特にお伝えしたいことがあります。
    もし結婚する前にフィリピン女性を選ぶことができるのであれば、絶対に調べて欲しい要素というか性格があります。
    これを知らないで結婚した場合、あなたの将来が危うくなるほど大切な要素です。

    ミス フィリピン コンテスト

    フィリピン女性は家族をとても大切にします

    あなたもご存知だとは思いますが、フィリピン女性は家族や親戚を大変大切にします。
    家族の誰かが病気になったり、泣いて助けを求めてくるとほっておけないのがフィリピン女性に多い性格で良い面でもあるのですが、問題もあるわけです。

    意外に思うかもしれませんが、フィリピン女性にとって家族兄弟のきづなは旦那さんとの関係よりも強いきずなを持ち続けることが多くあります。
    結婚しても家族で集まるのが日常茶飯事で、まだ独立できていない兄弟なんかは家に居候させてまで面倒を見たりします。

    そして旦那さんが仕事で忙しかったりすると尚更、親や兄弟どうしで集まったり、おしゃべり電話を毎日するようになったりします。
    それほど親や家族と会話をする団欒の時が幸せの代名詞のようになっているのです。

    フィリピン社会とはつまり家族社会です。

    フィリピン社会において家族親戚づきあいというのは命の次に大切なほど重要な位置を占めていて、家族や親戚の評価や付き合いはフィリピンで生きていく上で大変重要な事柄なのです。実際お金がなくて困った時や、子どもの勉学の支援などを助けてくれるのは家族や親戚だけですので、家族や親戚に反することは、イザとなった時誰も助けてくれない状況となります。その変わり、これだけ貧困に苦しんでいるフィリピンでみな気楽に幸せそうに生きていられるのは、実はこの家族や親戚の誰かが、家族だからという理由だけで助けてくれるからで、もしそれがなくなった場合、大勢のフィリピン人は貧困で生きていけなくなると思います。

    その家族親戚付き合いのなかでいつも損をするのはビジネスや専門職をもった多少お金のあるフィリピン家族で、10人以上兄弟のいる一般フィリピン人のなかで、多少お金をもった人が他の兄弟を助けていきているわけです。もしあなたの奥さんが日本人であるあなたと結婚するということはつまり金持ちになるということの代名詞となり、つまりはこの家族社会のなかで、他の兄弟や親、または親戚をたすけなくてはいけない立場になるわけです。

    この家族社会もとうぜん弊害というか問題もあるわけで、アメリカ人や日本人と結婚したらお金持ちと決め付け、貧しい他の家族にサービスするのが当たり前という考えを周りの兄弟が持つようになります。そして助けを拒むと金持ちなのにケチで自己中な奴だと周りを巻き込み家族みんなで嫌味や批判を繰り返すようになるわけです。

    そのようなフィリピン社会の中、家族や親戚を敵にまわしても旦那さんであるあなたや子どもを守ろうとすることができるかどうか
    家族や親戚の批判や嫌味を聞かされても生きていくことができる女性かがとても重要な要素になります。

    あなたの彼女は家族との縁を切る覚悟を持てますか?

    このような家族社会のフィリピンにおいて、日本人と結婚した女性は当然のごとく兄弟や親戚の頼りどころとなり
    今まで呼ばれなかった親戚の集まりや、お祝いの時に特別客として呼ばれたりするようになり、急に家族の中で尊敬される位置に置かれます。
    このように急に家族や親戚から敬われるとうれしく思うのが普通ですので、家族や親戚にお土産を送ったり、お小遣いを上げたりして、その高い位置を維持しようとするわけです。
    ところがその位置につくと始まるのがお金の問題で、家族や親戚はお金に困ると平気で返すあてのないお金を借りにきたり、誰かが病気で入院したりすると助けを求めにきたりするわけです。兄弟があなたの家に勝手に居候してきたり、まるでホテルかなんかのように平気で遊びに来て何日も家に滞在して行ったりします。そしてそれを助け、お金をばらまくのが太っ腹のフィリピン人として皆から良い評判を得るわけです。

    フィリピン社会の中でお金をしっかり管理して家庭を守る中華系の家庭や、一部のお金持ちは、そのような自立しないで頼る家族や親戚関係を嫌い、敵にまわしてでも自分の家庭を守ろうとします。そのためビジネスでうまく行っているのは大抵中華系の家庭や怖いフィリピン人で、他のいい加減な家族や親戚が近付けない関係を気付いているわけです。

    一般フィリピン社会から自己中として嫌われ、陰口をいつも叩かれるようにはなりますが、そのように家族との縁を切り、しっかりお金を管理していける強い女性はあなたの家庭に幸せを呼び込む女性となります。ですからフィリピン女性を選ぶ時に、もし彼女がいままで自分一人で強く生きてきた女性なら大変頼もしい存在となります。

    つまりあなたと長く幸せな結婚生活をできるフィリピン女性は家族との縁を切る覚悟を持てる人だけです。

    結婚したいフィリピン女性の過去の家族関係はとても重要です。

    これらのことからもしフィリピン女性と結婚を考えている場合、まず彼女の過去の生き方とその家族の関係をしっかり調べることが大切です。
    もし結婚したいフィリピン女性がとても家族にやさしく、みなから慕われている人の場合、とてもステキな女性ではあるのですが
    将来家族とのお金のことで大変むずかしい問題をおこし、あなたとの結婚家庭に亀裂をつくってしまう可能性があります。

    かえって今まで家族から差別されたり、家族に助けてもらえず、自分一人で頑張って生きてきたというフィリピン女性は大変素晴らしい奥さんになる可能性があります。
    もちろん彼女の兄弟に対する思いはどんな女性でも強いものがありますが、親や親戚に対する恩やつながりが強い人の場合は、そのつながりの強い親や親戚の所得状況をしっかり調べておきましょう。フィリピンの中華系の家庭では同じ所得以上の家庭の人意外とは結婚を認めない風習がありますが、それはつまり、そういうフィリピン家族社会の弊害を防ぐためでもあるのだと思います。

    もし彼女を選べるのであれば、彼女の家族関係しっかり調べておいてくださいね。

    話すと長くなってしまいますので今回はこの辺まで。
    それではまた。

    photo by: louistan
    Tags: ,

    About

    国際結婚した両親のもとで育つが、お互いの理解不足のため喧嘩の絶えない家庭に苦しむ。 自分は絶対良い家庭を築くぞと心に決めて見つけた女性が何と一番嫌いな国であったフィリピンの女性! 続きはプロフィールで

    One Response to フィリピン女性と結婚を考えるなら、絶対知っておくべき彼女の性格

    1. でぶ熊
      2013年10月12日 at 7:57 PM

      一連の記事を拝読した感想まで。

      内容が間違いと言いませんが全てと思いません。
      御存知のようにフィリピンは階級社会でなく階層社会で出自により思想信条躾教育が違います。華人社会スペイン系社会でも違うのはタイも同様、日本社会にも通じます。

      日本人男性とフィリピン女性との結婚で色々な問題を見聞し統計的には高率の離婚は生まれ育った環境、主に経済的な背景が原因だと考えます。
      現在はユニフォーム化した日本社会ですが1960年代くらいまでは家の格、出自は結婚の条件に影響しました。
      経済格差の大きいフィリピン社会で富裕層と庶民層以下との結婚はほぼ不可能です。
      女房より聞いた話ですが高校時代の友人がUPで知り合った奨学生と恋中になったら両親が米国に留学させてしまったらしいです。

      大きな年齢差も通常有り得ません。女房とは20歳差ですがマニラでは二人だけの外出を嫌がり必ず義母か義兄夫婦を連れて行きます。
      愛人と思われるのを嫌うのです。この辺りはタイと似てます。ミス何とか目的も似てます、ミヤノーイへの登竜門ですからね 笑。

      私事になりますがマニラ駐在時代の取引先が女房実家で高校生(中学)から家庭にに出入りしピアノの相手をしたりして単身赴任の息抜きの場でしたが20年後に再会した時は軍人だった夫を事故で亡くし子供二人を抱える寡婦に。小生も先妻を亡くし一人息子とシンガポール赴任中、近い事からお互い行き来してる内に結婚話になりましたが義母が大反対、理由は外人です。
      後日聞くには義母が資産財産を含め身元調査したらしいです。この間に日本料理を習いたい女房の希望で老板前を送り基本から修行したのですっかり実家を含め和食大好きです。

      マレーシア在住で仕事の関係で年の1/3は出張で現在も東京にいますが文句言いません、亭主元気で留守が良い典型です。愚息夫婦とは姉弟妹のように仲が良いですが日本在住でないので永住ビザが難しいです。
      お互いの趣味が同じですのでケンカらしい喧嘩経験ありません。楽器はお互いプロだったのでこれですぐ停戦です。

      フィリピン英語が素晴らしいとお思いですか?息子娘はインターですがカナダに仕事でいた時の公立中小校では最初苦労しました。当地は米語でなく英語ですがOFW、全てUP卒ですがこちらのエンジニアのほうが優秀です。知識技術力は比較になりません、教員の質、制度の問題です。息子はマニラの大学を止め留学してしまいました。一般的に井の中の蛙と感じます。

      長文になりましたがこれからも拝読させていただきます。お幸せにお過ごし下さい。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です